賃貸を去る時の友人の気持ちが嬉しい

賃貸契約の初期費用について

賃貸で暮らすということは、毎月家賃や管理費等を支払う生活となりますが、入居時にはそれ以外にまとまった費用が必要になります。私は何度も引越しをしていますが、その都度多額のお金がかかってきました。まさに引越し貧乏です。しかし賃貸への引越しでも必ずかかる費用と抑えることができる費用があります。ただでさえ出費が嵩む引越しですので、できるだけ抑えるところは抑え、余った分を好きな家具等に回せるようにしたいものです。

賃貸の初期費用で大きなものと言えば、敷金と礼金があります。敷金は地域によっては保証金とも呼ばれています。地域によってその扱いにも微妙に違いがあります。敷金と呼んでいるのは主に西日本で、契約時に敷引き何ヶ月と決められていることが多いです。敷金4ヶ月分、敷引き2ヶ月、というような具合です。つまり敷金の半分は戻ってきません。それでいて原状回復費用が2ヶ月分で足りなければ、更に残りの2ヶ月分からも差し引く、という内容になっています。保証金と呼ぶ主に東日本では、退去時に差し引く金額を予め決めず、原状回復に必要な費用を差し引いて返却、となっていることが多いです。原状回復に必要な費用という曖昧な記述ではいくら差し引かれるか分かりませんので、どのような内容が借主負担になるのか必ず確認するようにしましょう。

Copyright (C)2017賃貸を去る時の友人の気持ちが嬉しい.All rights reserved.