賃貸を去る時の友人の気持ちが嬉しい

賃貸暮らしの長い私でも知らないことがたくさん

私には20年近く賃貸暮らしの経験があります。自分では契約の際の注意点や、物件選びのポイントなど充分に分かっているつもりです。しかし実際には思ってもみなかった不満点が出てきたり、知らなかった決まりごとがあったりします。たとえば家賃の支払い方法ですが、最初に入居した賃貸マンションが自動引き落としに対応していたので、どこでも引き落としが可能なものと思っていました。しかしその後入居したマンションでは振込しかできませんでした。毎月決まった額であれば、インターネットバンキングで対応できるのですが、2ヶ月に1度水道料金が発生するので定額にはならず、毎月振り込まなくてはなりませんでした。別途振込手数料が発生しますので、長く住むと結構負担が大きくなります。

賃貸物件では退去時に借主負担で部屋を原状回復する必要がありますが、普通に暮らしていて自然にできる壁紙の汚れや畳の日焼けなどは貸主負担が原則です。しかし契約書にクリーニング代や畳の張り替え費用など、本来貸主が負担すべき費用を借主負担と明記されている場合、必ずしも拒否できないことも知りました。契約書に明記がなければ原則が適用されますが、契約書に明記されていて納得の上で契約を交わしたのであれば、契約の内容通りとなってしまいます。契約書がいかに重要かお分かりいただけるでしょう。

Site Recommend

Copyright (C)2017賃貸を去る時の友人の気持ちが嬉しい.All rights reserved.