賃貸を去る時の友人の気持ちが嬉しい

賃貸物件の原状回復義務について

賃貸物件を借りた場合、必ず退去する日が来ることになります。そして原状回復義務というものが発生します。これは、物件を借りた側の責任で退去時に部屋を元の状態に修復する義務があるということです。修繕費の殆どは敷金の中で賄われ、残りが精算されますが、稀に追加の修繕費の請求書が送られてくることもあるようです。原状回復義務については物件毎に違いがありますから、契約する前にきちんと確認をとっておきたいものです。

基本的に入居者には退去する際、部屋を元の状態に修復する義務があるということが民法に定められており、これが原状回復義務ということになるのですが、あくまでも、故意や過失によって出来た傷や破損したものを元通りにする義務です。この部分で色々と意見が分かれるものであり、争いになるポイントになります。これについては国土交通省で作成したガイドラインも参考になるでしょう。それにも、故意や過失による傷みや汚れについては入居者が復旧することが書かれています。つまり、裏を返せば経年劣化や自然損耗の場合は家主が責任を持つと言えるでしょう。賃貸借契約書の条文に原状回復義務について明確な記載がない場合は、このガイドラインがポイントになります。

Copyright (C)2017賃貸を去る時の友人の気持ちが嬉しい.All rights reserved.